交通事故に遭った際、あとからトラブルに巻き込まれるのを避けるために、弁護士に相談することの大切さを認識する

交通事故で重症を負ったら弁護士に助けを

弁護士に頼る
自動車同士が軽く接触した交通事故であれば、当事者間で冷静に話し合う事で、
円満な和解が果たせます。

対して交通事故被害に一方的に巻き込まれ、重症を負った場合は
必ず弁護士事務所を訪問しましょう。

被害

そうしなければ重症によって負った怪我や休業による補償が受けられません。
傷害慰謝料の額は、自賠責保険と裁判所が算出する基準の間に開きがあります。

低めに見積もっても約50万円の開きがあり、自賠責保険の方が低く設定されています。
交通事故の和解を早期に進める加害者側の保険担当者は、この自賠責保険をもとに
慰謝料などを算出します。

重傷

そのため、弁護士をたてずに、素人だけで相手との交渉を進めますと、入院や通院に掛かる費用が満足に補償されず、
重症を負ったにも関わらず治療に掛かる費用が最悪自腹になりかねません。

交通事故専門弁護士に相談する事で裁判所の基準に基いて傷害慰謝料、後遺障害慰謝料が請求出来ますので、日帰りの治療では済まない、
通院や入院が伴う怪我や障がいを負った場合は必ずプロのアドバイスを受けましょう。